【建築・不動産企業適正評価(CSR)委員会】

 

CSR( Corporate Social Responsibility)とは、「企業の社会的責任」とも訳されます。持続可能な社会を目指すためには、行政、民間、非営利団体のみならず、企業も経済だけではなく社会や環境などの要素にも責任を持つべきであるという考えのもとに成立した概念です。(一社) 日本不動産取引適正評価機構(JAO)では、この概念に基づき、消費者契約に関する包括的な民事ルール等を勘案した独自の客観的評価基準に基づき、「建築・不動産取引に関わる企業」の評価を行ないます。消費者が安心して「建築・不動産取引」ができる環境作りを目指します。

 

委員長

木村健二(一級建築士・ADR調停人資格)

委員

  • 高橋愛子(不動産コンサルティングマスター・宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、)
  • 梶田順久 (行政書士・宅建士・ADR調停人資格者)
  • 佐藤和基 (税理士:一般社団法人相続財産再鑑定協会代表理事)
  • 橋本重久 (構造一級建築士・建物調査士)
  • 渡邊 宏 (CPM米国不動産経営管理士・ADR調停人資格者・宅建士・不動産コンサルティングマスター)
  • 建築士委員会

特別委員

  • 池田 聡弁護士(日住検顧問弁護士)
  • 福嶋 浩彦 (前消費者庁長官  中央学院大学 教授)
  • 連 建夫 (建築家、公益社団法人日本建築家協会理事・建築まちづくり委員会委員長、一般社団法人日本建築学会情報設計小委員会委員、東京首都大学・早稲田大学講師)港区まちづくりコンサルタント、(有)連建夫建築研究室代表

評価の考え方

目指すもの

・インテグリティ(誠実さ、清廉さ、品格)の向上
・理性と良心が働く仕組み
・自らを律する能力
・自らが掲げた目標に進む能力

調査8項目

  1. 経営トップのコミットメント
  2. リスクの洗い出し、把握
  3. リスク対応のための社内文書(ドキュメンテーション)
  4. 周知
  5. コミュニケーション
  6. 監査・チェック
  7. 緊急事態対応
  8. 経営層主導による見直し

「建築・不動産取引に関わる企業」CSRスコアー

企業の社会的責任とは、企業が社会の一員として社会的公正や環境への配慮などを経営活動として行うべき責任のことをいいます。具体的にはコンプライアンス、消費者保護、環境配慮、労働衛生安全、人権擁護、社会貢献などが対象となりますが、(一社) 日本不動産取引適正評価機構(JAO)「CSR企業適正評価委員会」では消費者契約に関する包括的な民事ルール等を勘案した独自の客観的評価基準に基づいた評価を行ないます。消費者が安心して「建築・不動産取引」ができる環境作りを目指します。

 

各5段階評価<消費者保護評価>

  1. 経営理念、行動規範について
  2. 経営トップのコミットメント
  3. 倫理・コンプライアンスに関するコミュニケーション体制について
  4. リスクの洗い出し、その把握
  5. リスク対応のための社内文書(ドキュメンテーション)
  6. 消費者とのコミュニケーション
  7. 倫理・コンプライアンスの社内監査・チェック体制
  8. 緊急事態対応
  9. 倫理・コンプライアンスに関する経営層主導による見直し
  10. 情報管理について

 

評価(スコアー合計) □ 満点 50点               

A 50点
B 40~49
C  30~39
D 15~29
E 15以下

<参考資料>

建設企業における CSR の評価制度および当該評価制度データベースの活用方策に関する調査報告書(平成 18 年度)

被評価会社

新)CSR検定第2回3級試験(2015年 10 月 4 日)

試験問題と答え

CSR検定